FC2ブログ
パパとなーいの英語でおはなし
”DWE?...何それ?そんなので英語が身につくわけないじゃん!” そんなレベルから始まったパパの英語育児. そりゃそんなにすぐにはうまくはいかなかったけど...
もくじ

もくじのページはこちら
はじめに
どうしてパパが英語育児?
パパとママの役割は?
英語教材集めの考え方
英語能力の存在価値...
DWE購入物語
販売員との攻防編
オークション攻略編
はたしてその効果は?
年代で違うDWE種類
DWE中古商品のお値段
DWE購入を迷っている方へ
資料請求の前に...
DWEでも語りかけ
なーいの成長
言葉;1歳半~2歳
言葉;2歳~2歳半
言葉;2歳半~3歳
言葉;3歳~3歳半
言葉;3歳半~4歳
出来る様になるという事
似顔絵描いてみました
なーいの生まれた日
絵本のち・か・ら
絵本読み聞かせの効果は?
えいごの絵本
易しい,簡単をたくさん
語りかけ用の本
にほんごの絵本
英語絵本の立ち読みは?
シリーズでおさえる絵本
高いビデオを買わなくても...
あーるもいるよ
あーる誕生の日
僕も毎日成長中!
はじめての英語育児
英語育児の予備知識必見!
英語育児ってどうなのよ?
英語育児の情報収集
パパの英語
パパの英語力ってどんなもん?
大人が英語を身につけるには?
パパの語り掛け語録
英語学習とは?
お遊び
パパなーい大冒険
冒険のヒント
写真で動画?
コピペでゲット!ブログちょい技
応援する?

プロフィール

なーいのパパ

Author:なーいのパパ
2004年生まれの娘と2006年生まれの息子を相手に英語育児を楽しむパパです.

娘が一歳半の時のこと,
お茶碗が空になると逆さに持ち,
”無ーい!”とデザートを催促.
そんな娘を”なーい”と名づけ,
そして

 リンク歓迎
 報告不要

Happy Birthday

Happy Birthday

ようこそ! \(~o~)/

パパなーい大冒険 希望友情の冒険物語は
この下の扉から始まるよ
あなたは最後まで
たどり着けるかな?

それではスタート!!!

最近もらった貴重なお言葉

過去記事へのコメントは
        むしろ大歓迎!

お役立ちリンク その1

好きなブログ
(新着30件まで表示)


ご自由にリンクしてください
このブログをリンクに追加する
DWE huntouki papa to naaai

お役立ちリンク その2

このサイトをBlogPeopleに登録
DWE huntouki papa to naaai

ランダムリンク

DWEなどで英語育児をしている人のブログに行くよ

DWE huntouki papa to naaai

DWE 直入口

中古DWE種類
中古DWE相場
DWEの批評
DWEなどの一般意見
DWE関連情報収集
DWE反応 Sing Along編
DWE反応 Zippy and Me編
DWE反応 Play Along編

カウンター

o(^▽^)o 管理者ページ
Visit since'06.05

-
Page View since'07.05

NHK えいごであそぼ  今月の歌
えいごであそぼは今のなーいのレベルに丁度あっているので毎日見ている.

番組の中で必ず一曲歌が流れるのであるが,
今月の歌は今までのようなのりのいい歌とは違い,すこしバラードチックなどちらかというと大人向けの歌に近い印象だ.

画面の構成は,毎度おなじみの歌のおねえさんであるレスリーが画面の中央に立ち足元とバックにはブルースクリーンで合成された川や山の自然な景色の映像が流れる.
丁度映画のスクリーンの上に立って歌うような感じになる.

パパの印象としては,
今回ばかりは見ていてすこし大人向けでちょっと子供にはうけが悪いんではないかと思っていた.
それに歌詞も少しいつもよりも難しそうだ.


そこでなーいの反応はと言うと,

パパの予想に反してすごくまたうけがいい.
この歌が始まると,たったったっとソファのところまで走って行き,
そしてソファの上に仁王立ちをする.
パパは最初見ていてどうしてそんなことをするのか分からず,
行儀も悪いからやめさせようと思ったが,はっと気がついた.

ママと目を合わせて叫んだ.

あっ,レスリーの真似しているんだ!


そう,なーいはレスリーがスクリーンの上に立って歌っているのを真似して,自分もソファの上に立って歌っていたのだった.
そして,曲にあわせて体を揺らしながら踊っている.

それはまるでお立ち台にでも立って歌っているかのようだった.


しかしさすがに今回は歌詞も少し難しいので歌うのまでは無理だろうと思っていた.

ところが月も後半に差し掛かるとさすがに頭にしっかりと曲と歌詞が入っているようで,完全ではないがきちんと歌にあわせて口ずさんでいる.

て? み? とぅ? ざ    たぁ?♪
(Take me to the water♪)


さすがにこれにはたまげた.


大人が思う”難しい”の尺度が,子供にはそのまま当てはまらないというのがよーく実感された瞬間であった.


スポンサーサイト



下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
ディズニー ワールド オブ イングリッシュ DWE ?(11)
DWE購入物語 ?オークション攻略編(1) は こちら


アルクのabcをオークションに出している人もたくさん見かける
この購入に関して,失敗してしまった.
このシリーズ,ビデオで全24巻セットとなっている.
ビデオの本数の割には思ったより安い値段で取引されているというのが印象だった.

あんまり内容を知らないので,それほど欲しいとは思っていなかった.
たまたま中途半端な本数の11巻をオークションに出している人がいた.
全部そろっていないとやっぱり値段もかなり安くなってしまうみたいで,
かなり安い値段のままなかなか入札者もつかない.
パパもどんなものか試しに見てみたいという程度にしか考えてなかったので,軽い気持ちで入札した.

結果は見事に落札.



ここまでは良かった.


予定外だったのは思ったよりもこのビデオ,パパ的には良かったという事だ.
そうなると実際全巻そろえたくなるのが心情というものだ.
ここで初めて失敗したことに気がついた.
オークションで都合よく12?24巻を出品している人なんかいないということだ.
つまり残りの13巻を手に入れるためには,
1巻ずつこまめに探して入札するか(こんなのいつになるか分からない),
重複するのを覚悟で全巻購入するかだ.
そんなのすごくもったいない.
結局全巻買うこともできず,1?11巻までしか未だに我が家には存在しないわけであるが,
これを見るたびにいつも悔やまれる.
こんなことなら最初から全巻買っておけばよかった...

みなさん,セットのものをバラで買うときはくれぐれもご注意を!



(番外編:GOGO)につづく

下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
好きなのは分かるけど...
子供は自分の気に入ったことは
ほんとにいつまででも繰り返すのが好きだ.


ママがそろそろなーいにお絵かきをさせようと
12本入りの色鉛筆とスケッチブックを100均で買ってきた.

なーいに鉛筆の持ち方を教えて,スケッチブックにこうやって絵を描くんだよとお手本を示す.

当然鉛筆を上手に持つことはまだまだ出来ないが,
それでも鉛筆を持ってスケッチブックに線をぐちゃぐちゃと書き出した.

おっ,その調子その調子!

その感じでいろいろ書いているうちにだんだんと絵もかけるようになるだろう.

そうパパは思っていた.はじめは....




しばらくするとなーいはパパに手を出せと催促する.
なんだろうと思って素直に手を出したのがパパの運のつきだった.

なーいは色鉛筆の入れ物から一本一本鉛筆を取り出し始めた.

わ?ん,とぅ?,すり?,....


....,ない?ん,て?ん,


いっじぇわん(いれぶんのつもりらしい),とぅうぇぇぶ.




そのあとは上手に一本ずつパパの手の上に鉛筆を並べていく.

そしてパパの手のひらに色鉛筆を並べ終えると,
今度はそれを一本ずつとっては床の上に戻していく.

そして,床の上に戻し終えるとまたパパの手のひらの上に...

当然まだきちんと数字を数えることがいつも出来るわけではないので,
5の次にまた3に戻ったりして数え終わると鉛筆が全部で8本しかない,
なんて事もよくある.


最初のうちは微笑ましいとパパもなーいのこのカウントに付き合っていたが,
なーいはただひたすらに鉛筆を数えるばかりで,絵を書く気配はまったくない.
パパもだんだん飽きてきて手をどけようとする.





いやっ!!



なーいに怒られた.


ごめん,ごめん.

そうして付き合うこと1時間半ぐらい,一向にやめようとしないなーいであったが,
ご飯の時間ということになり強制的にストップ.
ようやくパパは解放された...




それからというものなーいが色鉛筆を持ってくると,パパはぞっとして,

なーい,絵本でも読もうか?



当然パパの提案は却下されるのである...






子供はほんとに繰り返すのが好きですね.
一体何が彼女をそんな風に突き動かすのかパパにはさっぱり理解できないわけであるが,
最近はそんな彼女に付き合わされるのもけっこうたいへんだと思うパパであった.





わ?ん,とぅ?,すり?,....


今日もあの声がこだまする...
あ?おそろしや,おそろしや....

下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
まだかなまだかなぁ
さて,2歳と1ヵ月になったなーいの発語状況であるが...
なんと理解したら良いものか?

朝にも夜にも家の中を走り回ったり,ジャンプし続けたりして

あいむ じゃんぴんぐ!
あいむ らにんぐ!


と叫んでいる.



この言葉文法的には2語もしくは3語に相当するんだろうが,
相変わらずなーいはビデオやCDで聞いた一文をそのまま言っている段階である.

パパが思うに世間一般で言われる2語文って例えば

みかん たべたい
ばなな たべたい
りんご たべたい


とか

みかん ほしい
みかん とって
みかん いや


などのように二つの言葉を組み合わせて,いろいろなとおりの文章を作るものだと思っていた.

そう考えると,あいむ じゃんぴんぐなんかは,まだひとつのかたまりでしかないのでやっぱり1語として考えるべきなんだろうと思う...




まあ,着々と言える言葉は増えてきているので別に心配はしてはいないが,やっぱり早く2語でも3語でもなんでもいいからどんどんしゃべるようになっていって欲しいと思うのだった.

親の欲望は尽きるところを知らない...


下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
パパを英語育児に参加させるには?(最終回)
パパを英語育児に参加させるには?(1) は こちら



ここまで自分の中で納得できた段階でなーいのパパはもう英語育児に完全にのめりこんでいた.
自分の娘で試してみたい...
(試すという言葉は,なんだか不純なイメージがあるが,
それでも正直なところそういう気持ちも英語育児を行なう上で一部には存在し,それが取り組みを積極的に推し進める原動力となったのは事実である.)
それに,この試みは娘にとっても悪い話ではない.
(なーいのパパは巷で言われる英語育児の弊害とやらはあまり信じていない.)
そして,自分の英語のブラッシュアップにつながる.
(自分の子供がネイティブぐらいにしゃべってくれれば,自分の英会話のプライベートティーチャーにもなってくれるじゃないか,授業料は無料だし最高だ...とよこしまな考えまで出現.
まあ,先生になってくれなかったとしても,教えようと努力することは英語を基本会話から徹底的にやり直して勉強することにもなる.)
一石二鳥だ.
いや子供と積極的にかかわることは奥さんも喜ぶし一石三鳥にも四鳥にもなるかもしれない.



こうしてなーいのパパは英語育児に突っ走るようになったのだった.





おしまい







あっ,忘れてた!
5番がまだ残っていたっけ.

5.ネイティブぐらいにぺらぺらになる必要はない,と思っている人について...

中学校(今後は小学校?)に入ってから,もしくは必要に迫られてから一生懸命勉強(会話も含めて)して身につければいいんじゃないの?
一生懸命さえやれば後から身につけた英語でも,十分ビジネスレベルで通用するのだから,それ以上は必要ないんじゃない?
と考える人.
もうこの辺になると,思想の問題になってくるので,
幼児教育は善か悪かという果て無き討論へと突入するでしょう.
信念をもって幼児教育はしない,と思っている人の考え方を覆すのはまず99%無理でしょう.


でもあえて言うならば,幼児からの英語教育はその言葉の歴史作りであると考える.
つまり通じさせるためだけの道具を手に入れようとしているのではないということだ.
大人になってからでは絶対に経験することのできないものってたくさんあると思う.
母親や父親から受けた愛情なんてものは,その際たるものであると考える.

発せられた言葉に対して,暖かいイメージを受けるか冷たいイメージを受けるか,
それともイメージなどまったく無くて理解は出来るが何にも感じないか.

それはすべて過去の経験によるものと考えるので,
その経験を一つでも多く植えつけてあげたいと思う.
ひとつの言葉を聞いてできるだけたくさんの波紋を頭の中に作ってあげたい...





ちょっと思想的な話にずれちゃったので本題に戻すと,
結局のところ

パパを英語育児に向かわせる”ためには,

パパの中で”英語育児”というものが
”結局やっても無駄”的な存在であると思うかどうかが最も高いハードルになると思う.
どうせやるだけ無駄と思っているうちは,
英語教育なんてそんなめんどっちいもん手伝いたくないし,自分の邪魔もされたくない.
じゃあ,ママの好き勝手やれば...
と言ってあげるには投資金額があまりにも大きい.
無駄と思っているものに大金勝手につぎ込まれた日にゃあ,腹も立つ.
そんなこんなで,パパを英語教育に参加させるには,
まずその有効性を納得させること
これが一番重要になるんではないかと.
そのためには,まずママがやってみて結果を少しでも見せるのもひとつ.
理論武装してとにかく理詰めで納得させるのもひとつ.
実際に取り組んで結果を出している人(子?)を目の当たりにさせるのもひとつ.
いろいろあるでしょう.


さあみなさん頑張って馬に水を飲ませてください.





それではこれでほんとにおしまい



[...] 下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
パパを英語育児に参加させるには?(8)
パパを英語育児に参加させるには?(1) は こちら



さらにいろんな人のページの実際例を見ていくことによって,
絵本の読み聞かせによって間違いなく子供に英語能力を身につけさせることが出来る,
というのが確信に変わった.

以前は日本人の親が英語を教えても,
発音はもちろんのこと,文章そのものが変になっちゃうのではないかと危惧していた.
変と言うのは文法的に正しいのかどうかという意味ではない.
もちろん文法的に正しい言葉を会話として教えることも至難の技だとは思うが,
文法的には正しいけど,そんな言い方絶対しないというようなそういう意味での変なのである.
しかし,確かに絵本の読み聞かせなら,実際に使われている表現(口語・文語は別として)が書かれているのだから間違いない.
それを読み上げれば,とりあえず間違いのない英語を親の口から子供に伝えることができる.
これなら英語には自信がないとかあるとか,そんなことは関係なくなる.
絵本を手にした時点で子供に聞かせてあげられる言葉はネイティブと同レベルである.

発音に関してもどうなるのかは非常に興味のあるところであったが,
不思議なことに正しい発音を同時にもしくはあとからたくさん聞くことによって,
親の発音は真似される事なくネイティブ並みの発音がきちんと身につくという.
実際やった人がそういっているのだから,理屈抜きにしてそうなんだろう.
ほんとに驚いた.

なーいのパパとしての考え方は,
発音に関してはそれほど重要性を感じない.
大切なのは話したいと思うその内容と,それを表現する能力.その二つに尽きると考えている.
相手が聞きたいと思う内容ならば,発音なんかおかしくてもきちんと相手の方から何とかして聞いてやろうという態度を示してくる.
だから,あとは表現する能力さえあればいい.

しかし重要性を感じないとはいっても,汚い発音よりもきれいな発音が出来た方が良いのは確かだ.
たくさん正しい音を聞かせることによって結果的に親の発音ではなくきれいな方の発音を身につけてくれるというのなら,それはラッキーなことだ.



絵本の読み聞かせによって得られる最大の利点は,
日常生活だけでは体験できないたくさんの物事を,絵本というデバイスを通じて実際に体験することが出来るという点にあると思われる.

言葉というのは,それに裏づけされる実経験やそれに伴う体で感じたたくさんのニュアンスの積み重ねによって命を吹き込まれるものだと考えている.
言葉のキャッチボールを何千回何万回と繰り返していくうちに,その言葉は単なる意味を表す文字や発音ではなくその人の歴史を集約した象徴として成長していく.

”りんご” という単語は,単に果物の名前であるだけでないということだ.

”りんご” という言葉を聴いて人は何を感じるか? 
赤(青い)という色,美味しい(すっぱい)という味,硬さ,重さ,におい,そこから関連する知識,それにまつわる楽しい(悲しい・くやしい・あたたかい)思い出・・・・
そしてそのイメージがまた新たなイメージを際限なく作り上げていく.
ひとつの単語を起点にして幾重にも重なる波紋のようにイメージは広がっていく.
ほんの一瞬にして人はそれらのことを無意識に成し遂げていると思う.

”りんご”の英語が”Apple”だと知らない人が,”りんごは英語でAppleというんだよ”と突然教えられても,
”Apple”の意味は分かっても,”Apple”という言葉を”感じる”ことは決して出来ないと思う.
それは,”Apple"という言葉に対してその人なりの歴史がないからだ.
”Apple”という単語を初めて聞いた人は,この単語が話されるのを聞くたびに,
”Apple”をまずは”りんご”という単語に置き換える作業を必ず必要とする.
それをしないことにはそのあとに続くイメージを感じることが出来ない.
そうじゃなく最初から目の前にあるこの赤い物体は”Apple”なんだよとして教えられるか,
もしくは”Apple=りんご”という認識の下で歴史を積み上げていけば,
”Apple”と聴いた瞬間にイメージの波紋を抱くことが出来る.

大人が英語を学ぶ場合には,この”Apple⇒りんご”という変換作業をいかに早く頭の中で出来る様になるか,その為の訓練をしているようなものと考える.
既存の日本語で作り上げた歴史と,新たに学ぶ英語を一生懸命ドッキングさせて間接的にその英語に歴史を吹き込んでいく作業が大人の英語なんだろうと思う.


そしてそれは単語だけではない.文章も同じだ.
”You did it"
”やったね,よく出来たね”という意味であるが,
たとえパパが意味を教えてもらった上で
”You did it !"
と,この言葉を聞いたとしても心にはちっとも響かない.その言葉に対して自分の中に歴史がないからだ.
それよりも
”よくできたね!”
といわれた方がその言葉の奥底まで全身全霊感じることが出来る.


英語教育の話に戻るが,
その実経験,歴史を心に刻むには英会話教室だけでは全然足りないだろうし,
ひとつの英語教材だけでも足りないだろう.
それを補うほどのたくさんの経験を与えてくれるのが,絵本であり書籍であるのだと理解した.
絵本や書籍で”You did it"の経験を幾度となく積むことによって,この言葉を”感じられる"ようになれるだろう.
やがては長い長い文章も,”感じられる”ようになれるだろう.




ここまで調べてみてパパの導き出した結論

幼児英語教育を成功させるには

まず絵本の読み聞かせが最重要だ.
そして耳からの音声の入力を十分にした上で,
将来的には自分で絵本,そして更には高度な文章へとつながる書籍を読めるように導いてやることが必要だ.
その為にはまずは絵本好きになるように仕向けなければいけない.


実際のところ絵本好きになるかどうかはその子の性格にかなり影響されるであろう.
願わくば我が子がそういう性格であってほしいと強く思った.




(最終回)につづく

下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
パパを英語育児に参加させるには?(7)
パパを英語育児に参加させるには?(1) は こちら



結果を出している人のホームページやブログをのぞいていると,必ずと言っていいほど出てくるのは
中村敦孔さんの赤ちゃんからの英語レッスンと言う本だ.
僕のブログを覗いている人はほとんどの人が英語育児を既にしている人なので,
この本のことは今更詳しく述べる必要はないと思うが,
とにかく,この本(と言うかこの人のホームページ)との出会いによってほぼすべての疑問は解決したと言っても過言ではないと思う.

まずは本を買う前にホームページを覗いてみることにした.

そしてホームページを拝見して思ったこと,
もうほんとに目からうろことはこのことなんだと痛感させられた.


以下は勝手に自分なりに要約させていただいた.
A.英語講師としての本音,そして英会話教室の限界
B.英語の教育はまず聞くことから,テープ付き絵本こそ早期英語教育の要
C.絵本では単語が文章の中でどのように使われているかを暗唱する事によって語彙や表現を増やしていく
D.レッスンは目的ではなく空気のような存在
E.3年で英語の下地ができる
F.英語でも読み書きを通して自ら英語を理解し、本などを通して知識の増大に導く


A.は以前から思っていたとおりのことなので,改めて確認したと言う感じ.

B.C.が衝撃的だった.
英会話能力を身につけるにあたり,
まずは耳からと言うのが大事であることはよく分かっていたたつもりだが,
それに直結する経験は絵本からと言うのは,まったく想像していなかった.
言葉の習得はまず人と人とがキャッチボールすることが大前提だと思っていた.
しかし,実際に絵本と音声だけで結果を出しているとのことであったので,
(絵本を暗唱するようにだんだんとなってきて,
その後暗唱を通して得られた文章で英会話を始めるようになる.
なおかつ子供が発する英語は耳から入った英語を忠実に再現してくれる,
つまりネイティブ並みの発音であるというのだ.)
それがほんとに可能であるかもしれないと,パパの中の大前提が崩れ始めていったのを感じた瞬間だった.

D.は非常に共感できる.
なぜなら,ネイティブの子が経験で身につける英語と言うのは別に幼稚園で楽しみながら経験するものだけでなく,
時にはママやパパから叱られるというような経験を通しても身につけていっているはずだからだ.
常に身の回りで起きるすべての出来事が糧となっていっているはず.
よくレッスンは必ず楽しくなければいけないと聞くが,以前よりすごく違和感を感じていた.
英会話教室のような短時間しか取り組まないところなら,楽しくして注意を引くものにしなければいけない.
しかし,なんとなく不自然なんじゃないかと思っていた.
やっぱりそれはあくまでも”取り組み”であって”日常生活の一部”とはかけ離れたものであるのだから...
意図的に作られた時間や作業に押し込められるのではなくて,何気なく”英語にさらされること”が重要と中村さんは考えておられて,だから”空気のような存在”と表現されている.
(中村敦孔さんのページではあくまで”英語絵本を読むとか聞くという取り組み”の中に身をおくことになるので,僕のこの違和感に対する問いには半分しか答えを見つけることができなかったが,
のちのちいろんな人のページをみて,語りかけも効果的と言うことを知り,
語りかけの併用こそこの違和感をすべて取り払ってくれるものであると考えるようになった.)

E.のこの3年というのは非常に現実味を帯びる.英語を身につけるにはそれぐらいの時間はやっぱり必要だろう.
しかも,これでようやく下地ができると言うのだからさらに納得.
(逆に3年間きちんと絵本とその音声に向き合っていれば,まったく反応が出ない結果が出ないということの方が不思議だと述べられている.)
僕らが日本語を身につけるうえでも相当な時間と,そして訓練(それは学校であり,家庭であり,社会であり)がなされて来たはずである.
その場しのぎの授業しかしないような英会話教室のレッスンでは,
英語をやっているという(親の)自己満足は得られても,肝心の実力は絶対につかないと思われる.
3年でみっちり下地をつくって,更にその後その先につなげる努力を続けていく...
まさに僕らが日本語を学んできた過程そのものだと思った.

F.のこの項目こそ,帰国子女が英語能力を落としていくのに逆行して,
幼児英語成功者が日本にいながらにして更に実力を伸ばしていける理由であると思えた.
会話だけによる英語能力維持には限界を感じるが,本なら会話以上に経験もできるし,高度な表現にも携わることができる.
一旦英語の音を頭の中に根付かせてしまうことが出来れば,
その後は実際にその言葉が発せられなくても耳から聞かなくても,頭の中でそういう音を再現できるという事なんだろうか.
帰国子女の場合,本を読む習慣が無ければいきなりやれといわれてもなかなかできない気がする.
それから,子供の日常生活レベルの英会話しか経験してきていないのだったら,もともと基盤が脆弱である.
だから,帰国子女は会話能力を維持することができずに忘れていってしまうのかもしれない.
逆に本やその他のメディアを通して積極的に更なる上級の英語に携わり続ければ,帰国子女はその身につけた能力を更に発展させることが出来るのだろう.



とにかくこのページ(本)を見ることによって,日本人でもかなりのレベルまで子供に英語教育が出来るということがわかり始めた.




(8)につづく

下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
パパを英語育児に参加させるには?(6)
パパを英語育児に参加させるには?(1) は こちら



検索をかけると出てくる出てくる.
いかにDWEを使っている人の多いことか,まずその多さに驚く.

そして次に驚いたのが,意外とそこそこ結果を出している人も多いこと.
丁寧にまとまっている人のホームページを見ると,数年間の成長記録が記載されていることもある.
どうしても,子供自慢をしたいのだろうとよこしまな目でこういう文章を読んでしまいがちだが,
話8分目ぐらいで読み進めたとしても,そこそこのレベルまで達している様子が伺える.
そんな人がけっこう多いことにさらに驚いた.

各々のホームページでは,ワールドファミリーという企業のバイアスもかかっておらず,
本音で語られていると思える.
信用してもいいかもしれない.
そんな期待感にだんだんと自分の意見が変わってきているのがよくわかった.


非ネィティブである日本人の親が教える幼児英語教育の効果もそこそこは期待できるものなんだと,
少し意見が傾いてきたのだった...



しかしまだ,100%信じるに至っていないのは
ビデオやテキストを見せているだけで英語がしゃべれるようになると言うのは,いっくら子供の能力がすごいといってもありえないと思っているからである.
何かまだからくりがあるはずだ.

それから,
そこそこの会話力が身につけられるとしてもその先はどうなるのか?
頭打ちになってしまうのではないか?
それ以上のレベルアップもしくは維持はしていくことができるのだろうか?
と言う疑問がホームページからだけでは払拭できなかったからだった.



(7)につづく

下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
パパを英語育児に参加させるには?(5)
パパを英語育児に参加させるには?(1) は こちら


きっかけはやっぱりディズニーの英語システムだった.
(なんだやっぱりディズニーか,と思わないでください.
ディズニーの英語システムはあくまできっかけに過ぎません.
でもこれだけでは,さすがに意見をひっくり返すだけの力はありません.)
とは言っても,まったく興味のない状態からディズニーの英語システムにたどり着けるはずはなく,
ここにたどり着いた理由は,多少ながらもパパが英会話に興味があったということと,あとはディズニーの宣伝力によるものと言ったところか.
最初パパは大人向けの英会話のサイトをネットサーフィンしていた.
ところがさすがはディズニー,こういう大人向けのところにまできちんと宣伝が入っている.
丁度当時なーいが生まれたばかりだったので,
子供むけにどんな英語教材を売っているのか鼻で笑ってやろうと思い何気なくクリックしてしまったわけである.

サイトに入り,教材の紹介を見ているうちはまだ,子供だましだなぁ,そんな風に感じていた.
しかし皆さんご存知のとおり,動画がところどころにおいてある.
動画をクリックすると,出てきたのは実際に子供がしゃべっている風景.
それを見た感想は...
率直にすごい子がいるもんだなぁ,と思った.
しゃべっている内容はやっぱり子供なんでたいしたことはないが,
発音に日本人なまりがないのと,その流暢さに驚いた.
(当時見た画像です.現在は当時と同じものが使われてはいないと思います.)

動画を見て,この子がすごいのはすぐに分かった..
しかし,それだけではやっぱりこの英語システムを信用するには値しない.
なんせ天下のディズニーでなんで,使っている人も多いだろうし,
そんな中には一人ぐらいは帰国子女みたいな子もいるかもしれない.
そうじゃなくても他に英会話教室かなんかプライベートに長時間習っているかもしれない.
こんなのはごくごく一握りの特殊なケースなんじゃないのか.
企業の出してくる”お客様の声”なんていうのは深夜のテレビショッピングに出てくる,
”私はこの製品でこんなにやせました!”
ぐらい信用できない...


そんな感じでワールドファミリーのサイトからは特に大きな進展はなかったわけであるが,
実際にあんなふうにしゃべっている子を見てしまうとやっぱり,
”うちの子もあんなぐらいになれたらいいなぁ”
と思ってしまうのが親心と言うもの.
すっかり魅了されてしまったわけである.

実際に使っている人の本音が聞きたい.
そう思ったときには,”ディズニーの英語システム”で検索をもう開始していた.

今の世の中はいいもんだ.
ある程度生の声がインターネットでいくらでも聞ける...


そういうわけでこれをきっかけにして,
何も知らないでいろいろごちゃごちゃ言う前に,
早期英語教育とはどんなものなのか,実際どれくらい効果を挙げているのかきちんと調べてみようと思い始めたわけである


(6)につづく

下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
パパを英語育児に参加させるには?(4)
パパを英語育児に参加させるには?(1) は こちら



比率から言うと少ないとは言え,英会話に興味を持っているひとの絶対数というのは意外と多いものである.
(そうでないとここまで英会話産業が日本で成り立ってはいないだろう.)

しかし,そんな英会話を勉強している人たちでさえ幼児英語教育に関しては否定的な(この場合は効果に関してです.お間違えの無い様に...)意見を持っている人のほうが圧倒的に多い.
いわゆる4.の幼児英語教育の効果を疑問視しているという部類に入る人達だ.
意外とけっこう自分の英会話を一生懸命やっている人に幼児英語教育を説明すると,鼻で笑う人が多い.
なーいのパパも最初はその類の人だった.



なぜ効果をまったく疑問視していたか,
ひとつは冒頭で述べたような,英会話を身につけるためには正しい英語を話す人(つまりネイティブスピーカー)と莫大な時間接しないといけないと思っていたこと.
もうひとつは,たとえそこそこのレベルまで身についたとしても,それを維持することの難しさにある.

後者に関しては,帰国子女の話をよく聞いていたからである.
2,3年現地に滞在してある程度日常会話もぺらぺらになって帰ってきた子供が,
1年もしないうちにまったく英語を忘れてしまったと言う話はよく聞く.
つまり,日本にいると身につけた英語を維持するのさえ相当大変だと言うことだ.
けっこう英会話教室には帰国子女が英語を忘れないために通っていると言う話もよく聞く.
そんな話を聞くと,なんだ結局はネイティブと接しないとだめなんじゃないか,と思ってしまう.
つまり,日本にいながらにして仮に幼児レベルの英会話が身についたとして,それからレベルを伸ばしてやるどころか忘れていかないようにするのが精一杯じゃないか,と言うわけである.
結局数年でピークに達した後は坂道を下るかのごとくレベルはどんどん落ちていき最後は普通の人,
なんていうのがオチだろう,と考えていた.


ところがあることを境になーいのパパの意見は180度ひっくり返ってしまったのだった.




(5)につづく


下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
パパを英語育児に参加させるには?(3)
パパを英語育児に参加させるには?(1) は こちら


さて,3.の英会話に興味がないであるが...


昨今テレビやCMで

英会話がこれからの世の中必要だ

と散々謳われている.

否定的な意見を持つ人も少なくないとは思うが,漠然と多くの人は確かにそうだと思っているだろう.

しかし,現実問題としてほとんどの人が英会話が出来なくて困ったなんて経験したことがないんじゃないだろうか?
あったとしてもそのとき限りで,やり過ごしてしまった今となってはどうでもいいことかもしれないし,
今後そういう英会話が出来ないことによって困るであろう予定もないので,さしあたって英語を今すぐ身につける必要性は感じない.
という人が大部分を占めるんではないだろうか?

あと多少英会話には興味があっても,なかなか本気で勉強しようとは思わない,
とか,必要になってからやればいいと思う人もかなりの数を占めると思う.
追い込まれるようなことがなければ,その領域にはなかなか手を出さないのが現実といったところか?

夏休みの宿題を夏休みの終わりごろまで手をつけない人や,テスト勉強をテストの直前までやらない人がこれに相当するだろう.


追い込まれないのに英会話を勉強する人というのは,いわゆる”英語が好き”な人たちだろう.


追い込まれて英語を勉強している人や,英語が好きで英語を勉強している人は,それなりに英語には興味があると思われるし,
もっと英語がうまくしゃべれたらなぁ,と言う願望はきっと強いと思う.
もし,子供のような語学習得能力が今の自分にあったなら,きっと寸暇を惜しんで英語の勉強をするだろうし,
もし,子供のとき自分にそういう意識とチャンスがあったなら進んで自分から英語の勉強したのになぁ,なんて考えたことのある人も多いと思う.

だから,英会話に一生懸命取り組んでいる人は,帰国子女のような子供のころ数年海外で過ごしているような人をとてもうらやましく思えることが時にはある.
他の弊害がなければ自分の子供も帰国子女のような英語だけの環境においてやってもいいな,と考える人も多いのでは...



ちなみになーいのパパは,ちょこっとだけ追い込まれて,ちょこっと英語が好きという立場にいる人間なので,英会話には興味を持っている部類の人間ではあった.



しかし,2.3.の問題をクリアしているなーいのパパでさえ,冒頭にも述べたようにこれだけではまだ幼児英語教育には100%否定的であった.






(3)につづく
下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
パパを英語育児に参加させるには?(2)
パパを英語育児に参加させるには?(1) は こちら


世間一般のパパが英語育児に参加しない理由を少し考えてみた.

1.育児そのものに興味がない.
2.幼児の教育に価値を感じない.
3.英会話に興味がない.
4.幼児英語教育の効果を疑問視している.
5.ネイティブぐらいにぺらぺらになる必要はない,と思っている.



まだまだ他にもいろいろ理由はありそうだが,パパが考えるものとしてはこの5つに集約される.



めんどくさいとか,子供のことはママがするのが当然とか言う人は1.の育児そのものに興味がないと考えていいだろう.
1.に当てはまる人の場合,英語育児以前の問題でまずは子供の成長にもっと興味を持ってもらわないことにはどうにも始まらないだろう.

一生懸命ビデオを撮ったり,子供と楽しく遊ぶのが好きという人は1.はクリアしているといっていいかもしれない.

ほとんどの人は2.の幼児の教育に価値を感じない,もしくは3.の英会話に興味がないになるんじゃないだろうか?



まず2.の幼児の教育に価値を感じない.についてであるが,
以前は以下のように考えていた.

たしかに,おもちゃ屋なんかを見て歩いていると,知育と言う名の元にいっぱいブロックやら音声教材やらが売られている.
そんなのを見ては,子供だましと言うか,親ばかだましというか,なんだかなぁと感じていた.
実際そんなのをしてこなくても,大人になれば普通の教育さえうけていれば,普通に新聞も読めるし,字も書ける.
結局のところ超一流を目指すのでなければ,自分で頑張ろうと思ったときに自発的に頑張ればそれで十分何とかなる.
逆に言えば,中途半端なことはやっても成長とともにやがては他の人に追いつかれるのだからあんまり意味はない,と思っていた.
だから,子供のうちは勝手に遊ばせておけばいいし,親がいろいろやらせる必要はない.
と感じていた.


まあ正直なところ,今でもこれに関してはまだまだそう思うところもある.


だから,幼児の教育なんてものは親の自己満足を満たすだけで,
将来的にはあんまり役に立たない.
そう考えてしまう.


そんなわけでこういう考え方をもって物事を見つめているわけだからと,
奥さんが何か一生懸命やっていたとしても,無駄なことをしているなぁぐらいにしか思わないし,
無駄だと思っているわけだから,そんなのを手伝おうという気は一切起こらない.
ましてや自分の時間をそんな価値のないものに邪魔されるようならそれを阻止しにかかりさえするだろう.



しかし,たとえそんな人でもすべての幼児期からの教育が無駄だと感じているわけではないと思う.
体で覚えていくような技術的なこと,具体的にはサッカーや野球・バレエ・水泳・スキーなどのスポーツ,またこれだけでなくピアノやバイオリンなどの楽器なんかは,
実際には子供のころからずーっとまじめに続けてきた人と比べると,あとからいっくら練習してもそう簡単には追いつけない.
子供のころからまじめにやっている人は,一流にはならないとしても,後から身につけようと努力をしている人よりもはるかに高い能力を有していることが多い.
これは単純に経験年数だけで解決されるような問題ではなくて,一番その成長が期待できるときにタイミングよくその練習をしていたから,その様な高い能力を身につけられたものだと考える.
男の人は比較的スポーツをしている人が多いから,子供のころからその種目をしている人にはかなわないと身を持って経験していることが多いことだろう.

”語学”も一見あとから十分身につく項目である印象を持つが,”会話”に関してはどちらか言えば,体で覚えていくような技術的なことに近い項目であるような気がする.
言葉が発せられた瞬間に,言葉の意味をいちいち理屈で考えるのではなく,過去の経験から来るニュアンスを一瞬で感じ取り,
その”感じ”を反射的に言葉に置き換え,頭の中でもしくは口に出して発する.
野球で言うならボールが飛んできた瞬間に,頭であれこれ考えずに一瞬で反射的にボールのコースを予測し,その予測した玉の位置へバットを持っていく.
そんな感じであろうか.
だから,あとから英語を身につけた人はこれと一緒で,子供のころからその種目をしている人,つまりネイティブ(もしくはそれに近い人)には絶対かなわないだろう.


だから,こと語学という種目についてはあながち子供のころからやっておけばまったく無駄になるなんてこともない,
と心の奥底では考えている人も多いのではないかと思う.
ただし...きちんとしたコーチの元でずっと続けると言うのが前提になるとは思われる.




(3)につづく

下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
パパを英語育児に参加させるには?

英語育児をしている家庭はほとんどがママさん主導で,パパさんがあまり参加していないという話をよく聞く.


うちのパパも積極的に英語育児に参加してくれたらなぁ...
積極的とまではいかないまでも,せめて協力ぐらいして欲しい...
最低限邪魔だけはしないで欲しい...


こんな声をよく耳にする.


それでも,ネット上を探してみるとちらほら英語教育に熱心に参加されているパパさんも見かける.

一体どうしたらうちのパパも英語育児に積極的に取り組んでくれるのかしら?

そんな意見にお答えすべく,なーいのパパがその極意を伝授....





なんて出来る程なーいのパパも人心掌握術にたけている訳でもないので,
残念ながらそんな極意を伝授することは不可能である.



正直言って,人の考え方なんて100人いれば100通りあると言われる様に
英語教育に対する考え方だって100通りあると思われる.


だから,
こうすれば必ずパパを英語育児に参加させることが出来るなんてものは存在しないだろうし,
そのコツというものだって一人に当てはまったからといって別の人に適応するとは限らない.
そういうわけで結局個人個人に合わせて自分でその方法を見つけるしかない.






...と投げ出してしまっては,このねたここで話が終わってしまうので,ちょっとそれでは余りにも中身がなさ過ぎる...


どうしたらパパを英語育児に参加させられるか?

という問いに対しては,なーいのパパも返答に困ってしまうので,

どうしてなーいのパパは英語育児に興味を持つようになったのか?

をお話させていただこうかと思う.

そこから各人が何かヒントをつかんでいただければ幸いに思う.






まず始めに言っておかなければいけないのは

なーいのパパも最初は英語育児には100%否定的だったということ.
(反対といっているわけではない,その効果に対して否定的だったということ.)

英会話には興味があったので,英語を勉強することそのものに対しては否定的な意見は持っていなかった.

だったらなぜ英語育児に否定的だったのか?
それは自分がいっくら本やCDで英会話の勉強をしても,ちっともしゃべれるようにならないからである.
勉強をすることによって知識は身につくものの,会話はまったく別物.使ってなんぼ.
だから会話力を身につけるには,
正しく英語を話せる人とひたすら会話する.
それに尽きると思っていた.
だから,ネイティブスピーカーととにかくたくさん会話する必要があると思っていた.
それは子供でも一緒(と思っていた).
言語を身につけるには,正しくその言葉を話せる人とひたすら会話をすること.
だと思っていた.
だから,いっくら親が英語で語りかけたところで,親がきちんと英語を話すことが出来ないんだから,それ以上に子供が出来るはずがない.
いや,それ以前に間違った使い回しを覚えてしまうのでもっとたちが悪い.

だったら,英会話教室に行けばいいんじゃないの?

正論である.
しかし,英語を身につけるために本当に必要な時間なんて恐らく数千時間に及ぶだろう.
そんだけの時間英会話教室に通わせようと思ったら,うん千万円ぐらい授業料を払うつもりがないといけないだろう.
しかも,毎日数時間レッスンを受けさせないとそれだけの時間消費しない.
物理的に不可能だ.
幼児英語教室で日本人が講師をしているところがあると聞く.
こんなところは論外である.
(当初のパパの思い違いです.児童英語教師の方ここで読み終わらないでください.)



極論.
幼児が英語を身につけるには海外で育つか,親が外国人か,インターナショナルスクールにでも通わなければ絶対に不可能である.


無知なパパは完全にそういう結論にこり固まっていた.



では何故そんなパパが今こんなに英語教育に熱心になったんだろう?



(2)につづく

[...] 下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
ディズニー ワールド オブ イングリッシュ DWE ?(10)
DWE購入物語 ?オークション攻略編(1) は こちら


DWEの商品は注目度が高いので,
誰の目にも留まらずにたまたま自分だけ入札して安く買うことができた,
と言うようなことはまず生じない.

しかし,極まれにすごく安く商品をゲットしている人達がいるのも現実だ.
それはほんとにたまたま競争相手がいなかったかもしれないが,
パパなりに検証してみると....

それは,同じ商品が同じ終了時間で多数出品されたときだ
例えば,たまたまメインプログラムが3つほど出品されているとき,
単純に競争率は3分の1になる.

ちなみに,このときのパパの入札テクニックを披露すると...
ほとんどの場合,同じ商品が3つ出品されているとだいたいの人は3つとも入札に絡んでくる.
3つとも入札に参加してくるような人は,当然3つの商品の中から一番安いものに入札してくる.
ひとつが高くなってしまうとみんな残りの二つの安いほうに流れていくから,
それを繰り返しながら結局3つとも同じような値段につりあがっていってしまう.
そこで,終了間際になってきた段階でわざと3つの商品のなかで一番高い商品に入札し,最高入札者になっておく.
終了するまでの数分間,普通の人はみんな残りの二つに入札が流れるわけである.
残りの二つの値段が,自分の最高入札額を超えなければ,めでたく自分だけは終了時間を迎えることができるわけである.
入札合戦が白熱していると,
結局残りの二つは高値更新を繰り返しながら自分がつけた入札額を簡単に上回っていきながら,
さらに時間を延長しながら入札を継続していくことになる.
終わってみれば,結局3つのなかで自分が一番安く商品を手に入れていたなんてことになる.

ただし,これは必ずしもそうならずに残りの二つが自分よりも安く終了してしまう可能性を常に秘めているので,
けっこうドキドキものであることは言うまでもない.



(11)につづく

下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
成長の証
平日はビデオで録画して毎日見ている
えいごであそぼ
であるが,先週の歌は盆踊りの歌

Happy,Happy.

であった.

どうして今頃盆踊りかって言うことになるだろうが,
実はこの曲既に7月に放送されていて,今回は再放送ということになる.
えいごであそぼはこういう風にして,完全に全部を再放送するわけではなく,それぞれ部分部分をつなぎ合わせて再度放送することが行なわれている.


7月になーいが初めてこの映像を見たときは,まだ1歳9ヶ月だった.
まだ,という言い方をしたが現在2歳になったばかりなので大して月日はたっていないように思われる.
しかし,この時期の3ヶ月というのはほんとに大成長を遂げるとても長い長い3ヶ月だということを思い知った.

3ヶ月前はこの盆踊り,まったくといいほど踊れていなかった.
ちょっと頭を真似して触ったりする程度で全然ついていけなかった.(前回の記事はこちら)

それなのに今は...




歌にあわせて完璧に盆踊りを踊っている!!!

完璧といってもそりゃ当然2歳の踊り方ではあるが,
以前には足のステップなんてまだまだずっと無理な感じだったのに,
今回はそれもぎこちないなりに出来ている.

別にこの3ヶ月徹底的に特訓したわけでもない...

久しぶりに見たこの映像をきちんと覚えていたのもあるんだろうけど,
体の方も鋭敏に動くようになって来たのだろう.


子供の様子って毎日見てるとあんまり変わらないように見えるけど,
こうやって比較するとずいぶんと成長しているんだなぁ,
としみじみ感じられたワンシーンでした.
下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
大人は一体誰が叱るの?
本日朝の出来事...


なーいが最近食卓の椅子に自分から座るようになった.

椅子をひいて,それによじ登り,そしてテーブルの方に向いて座る.
そこはいつもママが座る場所なので,対面にはパパが座っている.
丁度パパとなーいが語らいをするような感じで座ることになる.

明らかに不釣り合いな椅子とテーブルの大きさ,
そしてそこから飛び出した顔だけ見えるなーい

これ自体は別に悪いところもなく,パパもこの光景は嫌いじゃない.


ところがそのあとなーいは立ち上がって振り返り,後ろの食器棚に手を伸ばし始めた.

もちろんしつけ上椅子の上に立ち上がることは,我が家では許されないことである.
なーいのことをパパもママもきつく叱った.

パパ;
なーい!なーい!
椅子の上では立ってはいけません.



ママ;
そうよ,椅子の上に立ったら危ないでしょ!
行儀も悪いからだめよ!
ママが時々椅子の上に立つことがあるけど,
それは食器棚の上のほうの物が届かないから,それをとるために立つだけなんだから...






あっ!!




一緒だ!




よく考えたら,なーいも届かないから立っていたんだ...





大人は自分の都合のいいように物事を考えて,子供に押し付けようとするけれど,
大人は家庭内においては誰もその考え方が間違っていても指摘する人がいないので,
自分のやっていることがほんとに正しいのかどうかは常に自分自身がチェックをしないといけないと思いました.


子供にこれがいけない,あれがいけないと教える前に,
自分自身が同じことをやってしまってはいないかどうか
きちんと見つめ直さなければいけないですね.



下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
ディズニー ワールド オブ イングリッシュ DWE ?(9)
DWE購入物語 ?オークション攻略編(1) は こちら


オークションを攻略する上でとても重要なことがある.
それは他の入札者との駆け引きだ.
ヤフーオークションでは入札者の過去の購入履歴を見ることができる.
履歴を見るとある程度,その入札者がどういう姿勢でこの商品に臨んでいるのか予想がつく.


まず最も参加して欲しくない人は,
金に糸目をつけず高値をつける人,もしくは相場を知らない人.
過去の履歴を見ると明らかに全部相場以上の値段をつけて購入している.
そんな人と対決しても,最終的には相場以上の値段で買わされてしまうのがオチだ.
あと,初心者も同じだ.
入札履歴が無い様な人はオークションの心理状態に負けてしまって,つまりむきになって高値を更新してくる可能性がある.

それ以外の人たちの場合は,過去の購入した商品をみて本気度を判断する.
英語教材ばかり立て続けに落札している人は,その商品に対してかなり本気モードになっている.
もしかしたら猛教病にかかっているかもしれない.
こいつはかなり強敵だ.
恐らく相場ぎりぎりまで値段を吊り上げて来るだろうから,決して安く買うことはできないだろう.

履歴を見てもぱっとしない,統一感の無い買い物ばかりしている人がやってきたときは,けっこう早々に引き上げてくれることもある.

なんだか怪しげなフィギュアばかりを買っているような人が参加してきたときには正直驚いた.

こんな人が何故幼児英語の教材を?

当然のことながらこの人は最後まではいなかった...



でもこの購入履歴当然自分のものも見られてしまうわけだから,
いくら匿名とは言ってもなんだかあんまりいい気分はしない.
過去に一体何を買ったか全部ばればれだ.

あ?こいつこんなもの買ってるよ.

なんてもしかしたら思われているかもしれないと思うとちょっとなぁ.


(10)につづく


下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
パパのお気に入りの絵本
I Like It When . . . I Like It When . . .
これ,パパの今一番お気に入りの絵本.

なーいが” じゃなくて ”パパが” お気に入りなのである.

内容はと言うと...
この本,ペンギンの親子が登場してくる訳であるが,
子供のペンギンが
I like it when...と言う風に
ママペンギン(パパ?)とこんなことをする時が好きだとか
あんなことをする時が好きだとか
順番に綴っていくのである.


なーいもその内容にあわせて実際に動いてくれるから面白い.



ダンスをするのが好きだ.
と言うシーンでは一緒になってダンスを一瞬やってくれる.


絵本を読んでくれるのが好きだ.
このシーンは実際どう反応していいかわからないので,無反応.


手をつなぐのが好きだ.
と言うシーンでは実際に手を伸ばしてパパの手をつかんでくる.
パパが意地悪して手を出さないと,
早く手を出せ
と怒ってくるのはとてもかわいい.


くすぐられるのが好きだ.
このシーンになると,なーいはもうこれからくすぐられるのが分かっているので,
ページを見るや否や笑いながら脇をしめて身構える.
パパも今からくすぐるぞー,と言う仕草を見せ付ける.
そこからはまるでクイズミリオネアのみのもんたと回答者の答えを聞くあの瞬間のような,
緊迫した掛け引きが行なわれる.
はやく,はやくぅ.
やるならやってよ.

なーいの声が今にも聞こえてきそうである.




そしてパパの一番好きなシーン.
この本の表紙にもなっているように
ペンギンの親子が抱き合うシーンがある.

そうハグである.

このシーンになるとなーいは身を乗り出してパパに抱きついてくる.

は?ぐ,は?ぐ.

もちろん合わせてパパも

はーぐ,はーぐ.


この時期の子ってほんとにかわいいなと思う瞬間であった.




そして,この本の締めくくりは
ペンギンの子供がベッドで寝るシーン

ママが
I love you!

と言うのに対して子ペンギンが
I love you, too!と返す.

なーいはまだこの辺のやり取りは理解できないらしい.
あまり反応は見られない.

だけど,復唱はしてくれる.

あいあびゅ?



はやくなーいが自発的に
あい らびゅ?♪って言ってくれないかなぁ.
なんて思いながらパパはこの本を現在読み聞かせているのだった.

下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
Ranking 入口1

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキング みんなの英会話奮闘記

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

語りかけの参考に!?

  リンク

(ToT)/~~~
「スギーズ」

「誰でも知っている55の単語で覚えるチャンク」シリーズはためになりそう
トップページにあり


DWE商品の 中古販売業者では取り扱い量が一番豊富と思われる. DWE中古商品を検討するなら,まずここでしっかり相場をチェックしたい.
ちなみにオークションのDWE相場は こちら (DWE中古市場相場)から


[見ちゃおーね,聞いちゃおーね,
学んじゃおーね!」
「Chaoone!ちゃおーね」
歌で覚える英会話

アマゾンだって   古本売ってるので探せば時々格安で絵本が手に入るよ




パパの大好きな”猫舎”の置物♪



ママの
ガレージセール

ここもたくさんの商品と情報を備えているお店.
DWEについて知りたいならぜひぜひ覗いておきたい.

Ranking 入口2

子供服・子育てブログランキング ブログランキング 人気ブログ検索 - ブログフリーク くつろぐ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索

ボタン決して押すべからず

   絶対に押しちゃだめだからね!


DWE huntouki papa to naaai