パパとなーいの英語でおはなし
”DWE?...何それ?そんなので英語が身につくわけないじゃん!” そんなレベルから始まったパパの英語育児. そりゃそんなにすぐにはうまくはいかなかったけど...
もくじ

もくじのページはこちら
はじめに
どうしてパパが英語育児?
パパとママの役割は?
英語教材集めの考え方
英語能力の存在価値...
DWE購入物語
販売員との攻防編
オークション攻略編
はたしてその効果は?
年代で違うDWE種類
DWE中古商品のお値段
DWE購入を迷っている方へ
資料請求の前に...
DWEでも語りかけ
なーいの成長
言葉;1歳半~2歳
言葉;2歳~2歳半
言葉;2歳半~3歳
言葉;3歳~3歳半
言葉;3歳半~4歳
出来る様になるという事
似顔絵描いてみました
なーいの生まれた日
絵本のち・か・ら
絵本読み聞かせの効果は?
えいごの絵本
易しい,簡単をたくさん
語りかけ用の本
にほんごの絵本
英語絵本の立ち読みは?
シリーズでおさえる絵本
高いビデオを買わなくても...
あーるもいるよ
あーる誕生の日
僕も毎日成長中!
はじめての英語育児
英語育児の予備知識必見!
英語育児ってどうなのよ?
英語育児の情報収集
パパの英語
パパの英語力ってどんなもん?
大人が英語を身につけるには?
パパの語り掛け語録
英語学習とは?
お遊び
パパなーい大冒険
冒険のヒント
写真で動画?
コピペでゲット!ブログちょい技
応援する?

プロフィール

なーいのパパ

Author:なーいのパパ
2004年生まれの娘と2006年生まれの息子を相手に英語育児を楽しむパパです.

娘が一歳半の時のこと,
お茶碗が空になると逆さに持ち,
”無ーい!”とデザートを催促.
そんな娘を”なーい”と名づけ,
そして

 リンク歓迎
 報告不要

Happy Birthday

Happy Birthday

ようこそ! \(~o~)/

パパなーい大冒険 希望友情の冒険物語は
この下の扉から始まるよ
あなたは最後まで
たどり着けるかな?

それではスタート!!!

最近もらった貴重なお言葉

過去記事へのコメントは
        むしろ大歓迎!

お役立ちリンク その1

好きなブログ
(新着30件まで表示)


ご自由にリンクしてください
このブログをリンクに追加する
DWE huntouki papa to naaai

お役立ちリンク その2

このサイトをBlogPeopleに登録
DWE huntouki papa to naaai

ランダムリンク

DWEなどで英語育児をしている人のブログに行くよ

DWE huntouki papa to naaai

DWE 直入口

中古DWE種類
中古DWE相場
DWEの批評
DWEなどの一般意見
DWE関連情報収集
DWE反応 Sing Along編
DWE反応 Zippy and Me編
DWE反応 Play Along編

カウンター

o(^▽^)o 管理者ページ
Visit since'06.05

-
Page View since'07.05

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
DWE購入を迷っている方へ
DWEの教材について調べ始めると,まず第一に目に付くのはなんと言ってもメインプログラムやシングアロング,トークアロングカードといった類の主力教材となる.
これらの教材は互いに連動しているなど英語を学ぶ上で自然と反復練習が出来るようになっており非常によく出来たものであるので,いずれはきちんと取り組みたい教材である.
英語育児に関心を持ち始めたころでDWEの教材をまだ見たことがない人,初めてその名前を聞いた人は一体どんなものか試してみたくなるのは当然のことである.
しかし,その思いを実現させるのに一番の障壁となるのはやはりなんと言ってもその値段である.正規購入はもちろんのこと,中古で購入したとしてもいろいろそろえようと思うと軽く10万円は超えてしまう.さすがに万単位の金額では”だめもと”なんて気軽に手の出せる額ではないであろう.

だけど,果たして実際のところお試しレベルでメインプログラムなどに手を出す必要があるのだろうか?

ここまで実際に英語教育を実践した立場から言うと,答えはノーであると思われる.
パパが思うには,英語教育を行うに当たりまず行うべきことは”英語のお勉強”ではなく”英語を自然に感じ,そして肌に馴染ませる”ことであると思う.
だから英語について取り組み始めたころはまずとにかく”意味など大体でいいからとにかくたくさん聞くこと,見て感じる”ことである.
お勉強のように指示に従って問いに答えなさいとか,課題をクリアしなさいとか言うのはもう一つ上のレベルでの話だと思われる.
そうじゃなくて,最初は音楽を聴いたり,テレビを見たりした経験の中から,繰り返し使われる単語や文章が存在することを無意識のうちに認識し,そしてその言葉がどういう場面で使われているかを見たり聞いたりしながらなんとなく意味をつかんでいく,それがいわゆる母国語方式の英語能力の獲得手順であると思われる.

実はDWE教材の中にはきちんとそういった教材も存在している.
ミッキーやミニーでなく,ワールドファミリー独自のキャラクターと思われるもので作られているためどうしても宣伝の一番表舞台には出て来ないのであるが,パパとしてはむしろこちらの教材の方が本当にすばらしい教材たちだと思っている.よくぞ作ってくれました,ワールドファミリー様って言う感じかな.
プレイアロングやジッピーシリーズ(画像はこちら)がそれに当たる.
プレイアロングは画面に出てくるのが赤ちゃんぐらいの年齢層なので,対象年齢も赤ちゃんレベルになると思う人もいるかもしれないが,実際はそんなことはない.
母国語方式で英語を習得しようと考えているならば年齢に関係なく始めはこれから見たらいいと思う.
だって,誰でも英語に関しては最初は赤ちゃんみたいなものなのだから...
OnやOff,UpやDownそのほか動作や位置関係に関するものを直感的に見ただけで理解できるように工夫して作ってある.日本語に訳さなくてもなんとなくその単語の意味が分かってしまいそうなそういう構成だ.
そしてプレイアロングに続く教材がジッピーシリーズの,ジッピー アンド ミーエブリディ ウィズ ジッピー俗に言う ZAMEDWZ だ.
プレイアロングではカエルとウサギの人形であるフロッギーとバーニーがメインであったが,ここからはワールドファミリー独自のキャラクターであるジッピーとその仲間たちそれを取り巻く子供たちのやり取りへと場面が変わっていく.もちろんフロッギーやバーニーもまだ出てくる.
歌あり踊りあり,実写ありアニメありと実に多彩な構成で子供が好きそうな感じであると同時に,やはり体を動かしたりしながら言葉の意味を直接感じていくようなつくりになっている.
そして更にこれらに続くのがワールドファミリーの会員にプレゼントされるという非売品のジッピーとその仲間たちの登場する数々のビデオだ.
登場人物は一気に増え人間関係も複雑化していく.今までのものより少し年齢層は上がり幼稚園児レベルの内容になっていく.
日常生活に見られる身の回りのシーンから非現実的なシーンまで,随分と行動範囲は広がっていく.だけどジッピーのキャラクターだけでなく,子供たちの実写があったりして画面に出てくる子達を真似して体を一緒に動かしながら英語を肌で感じていける教材であるには変わりない.
たくさんのビデオが出ているがタイトルは次のとおりである.
 I WISH I COULD FLY
 WHAT'S WRONG WITH ZAP
 THE FANTASTIC MACHINE
 PANDA TO THE RESCUE
 HIDE AND SEEK
 RAINY DAY PLAY
 ALL ABOUT ME
 FROM HEAD TO TOE
 ALL YEAR ROUND
 ZIPPY TO THE RESCUE
 ALL DAY LONG
 DANCE AND SINGSの1
 DANCE AND SINGSの2
 FUN AND GAME
 THE ABC'S

これらのビデオを見ながらまずは英語に馴染み吸収していく.こんな感じでインプットを子供の知らず知らずのうちに進めていけたら,次のレベルに相当すると思われるメインの教材にも入っていきやすいと思えるとパパは考える.


メインプログラムを始める前にパパとしてはプレイアロングやジッピーシリーズをたくさん見て英語の土台を作ることをお勧めしたい.
また,英語育児がどんなものであるか想像しがたい人にとっても,いきなりちょっとお勉強チックなメインを始めるよりも数多くのビデオなどを見てそれを子供と一緒に楽しむ方が親子ともども英語を楽しむということを体感でき英語育児に対する抵抗感が薄れるのではないかと思われる.

さてここで現実的な話に戻るが,ここまで読んでみると教材は最初よりも増えてしまい更に手を出しにくくなったではないか,という声が聞こえてきそうである.
確かにこれ全部そろえようと思うと相当な額になるであろう.だけどあくまでそれは全部そろえたらの話である.

英語育児がどんなものか想像できないまま,勇気をだして何万円もの教材を購入するのはものすごい大きな賭けである.
それでもその賭けに乗っかって上手にやっていける人は,いろいろと工夫しながら根気よく教材を続けていける人であろうし,結果もきちんと出せるだろう.
ただ,そういう人は結構親自身が英語が結構得意であったり好きであったりして,どうやって英語を身につけていったらいいかある程度考えもあるだろうし,自分の英語能力獲得の時はどうだったかと状況を照らし合わせながらこれからどうすべきかなど,ぼんやりながらもビジョンが見えている,そんな人が多いと見受けられる.
じゃあそんな大きな賭けも出来ないし,どうやって英語教育をやっていったらいいのか想像もつかない人はどうしたらいいのだろう?

その答えは小さな賭けから始めて,とにかくやってみることである.(とパパは思う.)
小さな賭けなら飛び込みやすいし,痛手を負う前に撤退することも出来る.

つまり具体的にはどういうことかというと...
スタートのレベルに手ごろなそして値段的にも手ごろなこの非売品ジッピーのビデオシリーズがお勧めというわけである.
(別にワールドファミリーの回し者でもなんでもないので特にこれに固執するわけではない.この類のものなら何でもいいわけである.しかし,ある程度の認知度と流通量を考えるとこれが上位に来るのは確かである.)
プレイアロングやジッピー アンド ミー,エブリディ ウィズ ジッピーも確かにすばらしいのであるが,これらは中古で買ってもまだかなり高くお試し価格とは言いがたい.それに対しジッピーのビデオシリーズは意外と市場での評価は低いらしくDWEの教材の中では比較的かなり安く取引されている.
パパからすれば,こんなにいいものをこんな価格で入手できるなんてありがたいなあ,といった感じである.

(実際の写真や詳しい解説はママのガレージセールさん(ホームページはこちら)「ZIPPY ジッピー ズイッピー→ワールドファミリープレゼント教材ジッピーシリーズ一覧表」か, 
Swing Kidsさん(ホームページはこちら)「ディズニー英語システム:プレイアロング→ページ中ほどの ”このお品もご一緒にいかがですか?:Zippy DVD ズイッピー DVD”」のページにいくといい.
またヤフーオークションでは「Zippy ビデオ」で検索をかけるとたくさん引っかかってくる.)

これらのビデオは一本ずつ入手すればそれぞれ数百円で済むし,全部買っても1万円以内で買うことも可能である.この値段でこれだけの量のインプット用教材が手に入るのであるからかなりのお値打ち商品と考えるし,もし仮にこれを試しているうちに残念なことに英語教育熱が冷めてしまったとしてもそれほど大きな痛手とはならないだろう.
そう考えると随分気楽にちょっとうちでも英語教育を試してみようかな,なんて気持ちになれるのではないかと思う.

子供の反応も上々で親としてもやっていけそうな気配が見えてきたなら,自然とその続きをやってみたくなるであろうし,その時初めてお金を出してでもメインプログラムをやってみようと思えるようになるかもしれない.と同時にその時点で結構なインプット量も確保できているわけだからメインへの架け橋も出来ているものと思われる.



ちなみにパパの意見として,教材として非常によく出来ている物でありながらお試し価格で入手できるものとして次にあげたい.

一つ目はオークションで売られている「中国人向けの”GOGO英語の冒険"」(Yahooオークション”GOGO 英語”で検索をかけるとすぐ見つかる.)
GOGOという宇宙人のアニメを通して基本的な会話文を身につけていこうという趣旨のもの.40話近いボリュームなのに1万円以下で購入でき,お試し価格でありながら十分量のインプットも確保できると思われる.本編は英語のみなので,中国語版だからとあまり気にする必要は無いであろう.もちろん日本人用のの正規版も出ているのでそちらを選択されてもかまわないとは思うが,そちらはそれ相応の値段がするのでお試し価格とはちょっと言い難い.

二つ目は「アルクのabc」(画像はこちら)(Yahooオークション”アルクのabc”で検索をかけると時々見つけることができる.)
こちらも歌うお兄さんやお姉さんそしておサルの人形たちが登場したりアニメを駆使しながら歌あり,踊りありと様々な角度から楽しく見れるように教材が作られている.アルファベットを意識したものからマザーグースを題材にしたものまで幅広い.DVDで購入するとしっかりした値段になるが,オークションで中古ビデオを買うとかなり安く購入できる.

もっとお金をかけずに英語育児を試してみたいという方はNHKの「えいごであそぼ」がお勧めである.
受信料さえ払ってあれば,あとは堂々と録画し放題である.前二者に比べると英語量としては物足りないがホントの導入時期にはいいかもしれない.
歌はしっかりしているので,これだけでも見る価値は十二分にある.

あとテレビ東京系列ではディズニーアニメを毎週放送しており,二ヶ国語の英語放送の方を聞けば立派な英語教材となりうる.
しかし,アニメの二ヶ国語放送は初めて英語環境を導入する段階ではちょっと難しいのではないかと思われる.
直感的に理解の出来る番組は少なく,ある程度物事の分別や英語が理解できるようになってから見たほうがよいと思われる.
将来のために録画しておくことはいいかもしれない.




さてさて,せっかく英語育児をするのであれば,将来はそこそこはしゃべれるぐらいのレベルにはなって欲しいものだ.
そのためには親の方が常に子供に対してインプットを働きかけていかなければならない,その環境作りが大切だ.そしてそれを続けることが大切だ.
どのレベルの教材から使うにしてもこれだけは間違いなく言える.
教材だけ与えておけば勝手に子供は英語を身につけるというものではない.
親と一緒に取り組んでこその英語育児なのである.
だから親が飽きてしまってやめてしまった時点がその子供のバイリンガルとしての英語力成長の最後となるであろう.
逆に考えれば親があきらめなければたとえあゆみは遅くとも必ず子供は成長すると思われる.

子供の成長を糧にして,親自身も教材を一緒に楽しむと同時に子供と一緒に成長していきたいと常日頃考える.






追記

「子供とテレビ」

子供にテレビの画像を見せるのはどうしても抵抗を感じる人も多いと思う.実際にテレビをずっと見せられて育った子はそうでない子に比べて発語が遅かったなんてデータを見たこともある.確かにパパもテレビの見せすぎはよくないとは思う.でも,実際のところどうなんだろう?テレビに完全に子供のおもりを任せてしまえば,そりゃあコミュニケーション不足にもなるし,発語が遅れるのももっともな話である.しかし,テレビを一緒にみてコミュニケーションをとりながらテレビを活用させたならば,本当に発語が遅れるなんてことになるんだろうか?(そういう調査結果を見たことがないから答えはどっちだかはなんともいえない...しかし,少なくともうちの子が著しい発達障害をきたしている様子もなく,情緒不安定な子に育っている様子は今のところ見受けられない.)
テレビや絵本による画像の力は偉大である.特にテレビは子供の心を存分にひきつけるらしい.だからその分インプットの手段としてはこれほど強力なものは無い.何度も見ているうちに画面に出てくる登場人物の真似をして体も動かすし,言葉も真似し始める.状況が理解できるようになってくると,どういう状況でその言葉を使えばいいのか,そういう微妙なものまでだんだんと分かってくるようだ.
本当のところは画像に頼らずそういう環境を子供の周りに提供してあげることが出来るのならそれが一番いいのであろう.しかし,いかんせん.パパもママも日本人でここは日本である.日常生活の中にそんなパーフェクトな英語環境を作るのは実際のところ不可能である.それならば本物の英語環境として提供してあげられるのは,テレビやステレオの中だけであり,また半分だけ本物の英語環境としてあげるならば読み聞かせの絵本の中だけということになる.



尚,上記の意見はパパの独断と偏見に基づいています.
必ずしも正しい意見であるとは限りませんので,正否に関しては読者の判断に委ねます.
一つのモデルケースとして参考にしていただけると幸いです.


スポンサーサイト
下記のランキングサイトはDWEに関しても有用な情報サイトがいっぱい!ためになります!!
          にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ            FC2ブログランキング

DWE 奮闘記 TOP
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://naaai.blog63.fc2.com/tb.php/397-1dac8a28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Ranking 入口1

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキング みんなの英会話奮闘記

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

語りかけの参考に!?

  リンク

(ToT)/~~~
「スギーズ」

「誰でも知っている55の単語で覚えるチャンク」シリーズはためになりそう
トップページにあり


DWE商品の 中古販売業者では取り扱い量が一番豊富と思われる. DWE中古商品を検討するなら,まずここでしっかり相場をチェックしたい.
ちなみにオークションのDWE相場は こちら (DWE中古市場相場)から


[見ちゃおーね,聞いちゃおーね,
学んじゃおーね!」
「Chaoone!ちゃおーね」
歌で覚える英会話

アマゾンだって   古本売ってるので探せば時々格安で絵本が手に入るよ




パパの大好きな”猫舎”の置物♪



ママの
ガレージセール

ここもたくさんの商品と情報を備えているお店.
DWEについて知りたいならぜひぜひ覗いておきたい.

Ranking 入口2

子供服・子育てブログランキング ブログランキング 人気ブログ検索 - ブログフリーク くつろぐ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブログ内検索

ボタン決して押すべからず

   絶対に押しちゃだめだからね!


DWE huntouki papa to naaai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。